【布目】ワンちゃんではビタミンCは意識して摂らなくても良い!?

From 管理栄養士 布目

ビタミンは5大栄養素の1つです。

3大栄養素(たんぱく質、脂質、炭水化物)のようにエネルギー(カロリー)はありません。

主な働きは、からだの機能を調整することです。

3大栄養素が代謝される際にも、ビタミンが必要となります。

ビタミンはいくつかあり、脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンに分けられます。

脂溶性ビタミンは水に溶けにくく、油脂に溶けやすいビタミンで、

ビタミンD、ビタミンA、ビタミンK、ビタミンE

の4種類があります。

覚え方としては脂溶性ビタミンは4つD A K E(だけ)と覚えます♪

水溶性ビタミンは水に溶けやすいビタミンで、ヒトでは

ビタミンB1,ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチン、ビタミンC

がありますが、ワンちゃんだとコリンなども入ります。

ビタミンCは、ワンちゃんの場合は体内で合成できるので、あえて取る必要は無いんです。何だか不思議ですね!

ビタミンは欠乏しても摂りすぎても弊害は出ますが、水溶性ビタミンは過剰に摂取した分は体外へ排泄されやすいため、過剰症にはなりにくいです。

脂溶性ビタミンは体内に蓄積しやすいため、過剰摂取は気をつけたいところです。

 

取材・取り扱い・代理店などのお問い合わせはこちらかお願いします。

https://petprotein.jp/contact/

送料込みのお試しボトル登場しました。

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More